カテゴリー別アーカイブ: Apple

The Talk Show #56: That Day Has Come

Steve JobsのCEO退任は、This is my next Podcastのほかにも、いくつものPodcastで取り上げられていた。(Reporters’ Roundtable, Macworld, KQED Forum, The Talk Show等)

Reporters’ Roundtableはさすがジャーナリストによる会話らしく、AppleとSteve Jobsに関する細かいエピソードが面白かったけれど、やっぱりJohn GruberのThe Talk Showが一番良かったかなあ。

AppleというよりもJobs個人により焦点を当てた話だったのと、1対1のよりパーソナルなスタイルがこの少し寂しい話題には良かったのかな。もちろんJohn Gruberの確かな視点があってこそだけれども。

 

広告

This is my next Podcast 021

Steve JobsがCEOから退き、Chairmanとなるニュースをうけて、今週のThis is my next Podcastは1日早い収録。それにしてもこの8月はTech関連の大きいニュースが続きます。

ポッドキャストは、Pirates of Silicon Valleyの続編のプロットとか、Tim Cookのインプレッションとか、激しく脱線し始める後半が楽しいです。

脱線し始める前に、JobsがAppleからいなくなったとき、JobsによるビジョンがなくなったときにAppleがどうなるかに、Joshがひたすらこだわっていたけれど、それがたぶん誰にとっても一番知りたい部分なんでしょう。

ハイエンドで進歩的な製品を作るメーカーとしてのAppleは当分変わらないでしょうけど、Jobs個人のビジョンがなくなったあとでも、現在のフォーカスが保ち続けられるのかどうか。JobsのあとにAppleの顔として前に出てくるのは誰なのかなども含め、これからも追いかけていく中で見届けていくしかなさそうです。

HYPERCRITICAL

Ars TechnicaJohn Siracusaの記事は、ArsのApple関連記事の楽しみの一つだけれど、彼が1月から5BY5で始めたポッドキャストHYPERCRITICALも楽しいです。

今日は#4: iOS vs. The Worldを聞いていたんだけれど、そのの後半、彼やJohn GruberなどのMac, Appleファンたちが、どうしてiPhoneのマーケットシェアにこだわってしまうかの彼の分析が面白かった。Mac vs. PCのときとは違うと理性ではわかっていても、Mac vs. PCのときの苦い記憶が、非理性的な行動=マーケットシェアにこだわってしまうことに走らせてしまうんだと。

自分が初めて買ったMacは2006年、Intelへのスイッチのときなので、MacがWindowsに敗北して行く過程は体験していないんだけれど、自分にとってのMacやApple製品の魅力は、製品自体の魅力もあるけれど、彼やGruberに代表されるような昔からのウォッチャーがたくさんいて、彼らを追いかけているだけでも飽きないから、というのも大きいです。

#5での、技術的な観点から見てiPod, iPhoneのドックコネクタがいかにナンセンスなデザインかを逐一説明していく部分も楽しいです。

Apple TVを注文しました

The Talk ShowでのApple TVのレビューで、新型でメニューや再生のレスポンスが旧型から改善されていると聞いて、それならばと注文してしまいました。

旧型Apple TVを使っていての不満は、本体の発熱と動作が遅いことにあったので、それらがどちらも解消されるのなら、ほぼ毎日使ってるし、特に機能は変わらなくてもアップグレードする価値はあるかなと。もちろんiOSが4.2にアップデートされたら、ビデオのAirplayを試してみたいというのもあります。

転送サービスというのも使ったことがなかったので、これを機会に一度使ってみよう、というのもありました。ストアの表示では発送まで1‐2週間となっていて、注文してからの発送予定でも18日発送となっていたので、届くのは早くても10月末でしょう。それまでゆっくり待つことにします。

あとアップデートされてiPad対応になったRemoteアプリが、とても良いです。iPhone版も悪くなかったですが、2ペーン表示とiPadの大きな画面を使ったリストに慣れると、もうiPhone版には戻れません。iPhone 3Gの頃はアプリの起動とApple TVとの接続にも時間がかかることもあって、ナビゲーションが面倒でも結局赤外線リモートを使っていることが多かったですが、赤外線リモートの出番はこれから少なくなりそう。

ジーニアスバー

IMG_1004.jpg

昨日MacBookを久しぶりに膝の上で使おうと持ち上げたら、バッテリーが膨らんでいることに気づいた。

MacBookはiPadを購入してから部屋の中で持ち運ぶこともなくなって、外部モニタをつないだ状態でモニタを閉じて置きっぱなしだったので、昨日たまたま気まぐれで持ち上げて底をさわるまで気づかなかった。

検索すると同じような症状は珍しくはないみたいで、また検索結果を見る限りは、Appleの対応は無償で交換に応じる場合と、有償での交換となるケースが混在しているみたいでした。

せっかくなので一度ジーニアスバーなるものを利用してみましょうと、アップルのサイトから予約して、時間を決めたらコメント欄が出てきたので、症状やMacBookのシリアル番号なんかを書いていたんですが、途中でウェブページが勝手にリロードされてフォームが消えた・・・。ウェブページの予約確認ページではコメントを再記入する方法がわからなかったので、iPhoneのアップルストアアプリの予約確認ページでコメントを再記入したんですが、あの時間が経つと勝手にリロードされる仕様は一体何?

それで今日アップルストアに行ってきました。ちょっと前の予約が押していたようで、予約した時間から少し待ちましたが、しばらくして自分の順番が回ってきて、MacBookとその膨らんだバッテリーをジーニアスの人に見せると、バッテリーの不具合ということで無償で交換してくれました。交換バッテリーの在庫もあったので、その場でバッテリーを交換してもらって、帰ってきました。

MacBookはLate 2007モデルで(Nvidiaチップセットに切り替わるまでもう少し待てばよかった、と今となっては思うけれども、後の祭り)アップルケアにも加入していないから保証期間はとうに切れているし、膨らんだバッテリーパックの中で何が起こっているのか、どんな原因で起こるのかもよく知らないので、有償交換と言われれば素直に従うつもりだったんですが、最近初代Nanoのバッテリーの交換対応が問題になったのもあったし、バッテリーの問題については無償で対応するようにしているのかな。

でも何かあったときに、持ち込んで話のできるメーカーの窓口があるというのは、ちょっと遠いとはいえ、いいものだと思います。ジーニアスバーは修理に限らず各種相談にも乗ってくれるみたいだけど、単に相談に行くにはちょっと遠いか。

Apple Fall Event

水曜日のApple Eventはライブストリーミングを見てました。つながりにくかったりするんだろうかと身構えてたんですが、なにの問題もなくつながりました。

iPhoneユーザーとしてはiPodにあまり興味はないので、Apple TVの更新があるかが気になっていたんですが、ちゃんとありましたね。メニューシステムが今と変わらないのは残念でしたけど、サイズが小さくなって、たぶん発熱もしなくなって、あと操作に対するレスポンスも良くなっていたりすればいうことなし。iPhoneやiPadから音楽やビデオをストリーミングできるのも面白そうだし、買う気満々でいたら、日本での発売は未定ですか…。

まあストリーミングによるコンテンツのレンタルが売りの機器なのに、そのコンテンツがない日本で売ってどうするんだと言われれば確かにそうなんだけど、音楽やビデオがiTunesライブラリからストリーミングできる1万円弱のデバイスというだけでも需要はそれなりにないのかなあ。少なくともここに一人欲しい人はいます。iPadやiPhoneからのストリーミングがiOS4.2でできるようになったら、iPadやiPhoneのアクセサリとしても面白そうなのに。

Shuffleはボタン付きに戻りましたが、もうこのデザインから変わりようなないんでしょうね。nanoは小さいのが正義な携帯プレイヤーの究極形というか、見た目が必要最小限なサイズのディスプレイのみで構成されていて、これもこれ以上小さくなりようがなさそう。キープコンセプトでそのままクリックホイールを使うこともできただろうに、Appleらしくアグレッシブに変えてきたなあと今回の一番の驚きでした。まったく自分の生活の中で必要ないんですが、実際のものを触ってみたいという目的だけでちょっと欲しい。

次世代Apple TV

Engadgetに次世代Apple TVのうわさがでてますね。現行Apple TVユーザーで、このまま消えていってしまうのかとやきもきしていた身にとっては、とりあえず次がありそうでほっとするニュースです。

日本在住者にとっては、ソースの選択肢が増えることを期待するのは、期待するだけ無駄そうなので機能的に追加してほしいことは特に思いつかないけれど、今のハードは、今となってはお世辞にもレスポンスが良いとは言い難いので、そのあたりが改善されたら、それだけでもうれしいなあと。あとはアプリに対応して、TEDやNPRなんかのアプリが出始めたら、それはそれで面白そう。

iPhone OSベースのApple TVが出るころには、iPadのiPodアプリも、Apple TVみたいにネットワーク上のiTunesライブラリのソースが再生できるようになるだろうか。それからiTunesがCarbonからCocoaに移行するのはいつなんだろう。いや、ビーチボールが回転するのを見るたびに、これがいつかなくなるといいなあと思っているだけなんだけど。