カテゴリー別アーカイブ: Apple TV

iPad, YouTube, AirTunes

ここのところ、iPadのYouTubeアプリからのAirTunesで遊んでいます。

良いところ

  • パソコンとは違って画面から離れてリラックスして見られる
  • Apple TVのYouTubeメニューに比べると、iPadの画面上での操作は機能も豊富で、ブラウジングもしやすい。Apple TVのYouTubeメニューもアカウントに対応するなど進歩したけれど、iPadのYouTubeアプリに比べると機能的に比べ物にならないので。
  • アプリから、プレイリストへの動画の追加や削除や、チャンネルへのSubscribeなどもできる。

悪いところ

  • AirTunesはまだ荒削りなところもある。スリープボタンでiPadの画面を消したときに場合によってストリーミングが止まったり、ロック画面で再生コントロールが出て来たり出て来なかったりとか。
  • 再生が始まるまでに、パソコンで見る場合に比べて少し時間がかかる。
  • プレイリストの並べ替えができない。編集もパソコンのブラウザ上のほうがやりやすい。

まとめると、Apple TVのYouTubeメニューからは格段の進歩だけれど、まだ発展の余地はある、といったところでしょうか。

それでYouTubeで何を見ているかというと、Taylor Swift関連の動画を手当り次第に見ています。人気のアーティストの良いところは、見る動画のネタがつきないところですかね。本人のチャンネルにも結構な数の面白いのがあるし、著作権的に怪しいのも含めてファンがたくさん投稿してくれているし。

下のビデオはデビュー直後、所属レーベルBig Machine Recordsが出来たてのときのレーベルを紹介するビデオの一部ですかね。ハイスクールの授業風景もあり、ジーンズ姿でメークもファッションもだいぶイメージが違います。危なっかしい車の運転シーンは、うーん、意図がよくわかりません。

iOSからのAirPlayと初代Apple TVの聴き比べ

先のポストのあと、組み合わせを変えていろいろ聴き比べてみました。

今のところ自分の中では、出てくる音が好きなのは、

  1. 初代Apple TVでの再生
  2. iPadからAirPort ExpressへAirPlayでストリーミング
  3. MacBookのiTunesからApple TV、またはAirPort ExpressへAirPlayでストリーミング

の順番です。Apple TVが1番なのは、最近までずっとそれで聞いていたせいもあるかもしれないですが、なんとなく一番音が立体的に聞こえる気がするんですよね。iOSデバイスからのAirPlayはクリーンだけど平板な感じで、iTunesからのAirPlayは音自体が少し粗い気がします。まあ適当な印象ですけど。

ただ、どの場合も出力は光出力からの44.1kHzでのデジタル出力で、それを光セレクタで切り替えているので、どの場合もDAC、アンプ、スピーカーは全く同じなんですけど、それでも違うように聴こえる気がするのは何でなんでしょう。DACとの相性とかがあるのか、出力信号自体がなんか違うのか。

もし実際に光端子からの出力が何か違うとすると、うーん、今の初代Apple TVが壊れたらどうしよう。AirPort Expressはというわけで今の状態では置き換えるにはもうひとつな感じだし(802.11n対応の新しいのはまた違うのかもしれませんが)、現行Apple TVは出力が48kHzだし・・・。AirPlay対応の光出力の付いたよさげな機器がサードパーティーから出るのに期待しますか。

初代Apple TVがAirPlayスピーカーとして認識されない

うーん、初代Apple TVがiPhoneやiPadからAirPlayスピーカーとして認識されないです。MacBookのiTunesからは認識されているし、AirPort Expressが対応しているのだから、初代Apple TVが対応していないはずはないと思うんだけど、なんでだろう?

追記

このアップルのディスカッションボードのスレッドなんかを見ると、どうも初代Apple TVはiOSデバイスからのAirPlayには対応していないみたいですね。

自分の古い802.11g世代のAirPort Expressも試してみましたが、それは問題なくiPadから認識されました。Airport Expressに対応するようにしたら、初代Apple TVにも勝手に対応しそうなものだけれど、何か技術的に違いがあるんでしょうか。

というわけで、

  • iTunesのライブラリと同期させて44.1kHzのサンプリング周波数で出力するのなら初代Apple TV
  • iOSデバイスから44.1kHzでストリーミングするならAirPort Express
  • 48kHz出力でよければ現行のApple TV

と、今自分の手元にあるアップルのAirPlay子機3種類に、それぞれ少し違った居場所がありそうです。音楽を聴く時は初代Apple TV、ビデオは現行Apple TVで、音楽の歌詞を見たいときにはiPadやiPhoneからのAirPlayが便利なので、AirPort Expressと。あまりうれしくはないですが。

あとはiTunesからAirPort Expressへのストリーミングをもう一度試してみて、初代Apple TVを置き換えられれば現行Apple TVとの2台で済むんですけど、iTunesのアップデートで何か変わってるでしょうか。

iOS 4.2とAirPlay、Apple TVアップデート

待望のiPad, iPhoneのiOS 4.2へのアップデートと、Apple TVのアップデートが配信されたので、早速インストールしました。

  • AirPlay

とりあえずビデオの対応はいまのところiPod (iPadではVideos) とYouTubeアプリだけみたいですね。ArsTechnicaのコメント欄なんかを見ると、Camera Roll内のiPhoneで撮ったビデオも対応していないみたいで、使いたいシチュエーションが簡単に思いつくだけにちょっと残念です。

期待していたSafariでのウェブページ上のビデオやアプリ内のビデオのAirPlay対応は、残念ながらいまのところオーディオのみの対応みたいですね。ビデオへの対応は、ビデオ再生フレームワークが、将来のアップデートでビデオのAirPlayにも対応するの待ちでしょうか。ビデオ再生時のオーディオのAirPlayは、映像と音声のシンクも特に問題なさそうなので、iPadのスピーカーでは物足りないときにそれなりに重宝しそうです。

  • Apple TVアップデート

以前のポストで書いたおかしなところはちゃんとすべて直ってました。再生カウントはiTunes Libraryに反映されるようになったし、コンピューター上のiTunes Libraryのリストを掘り下げていったときのおかしな挙動も無くなったし、めでたしめでたし。

Apple TVの音声出力

ソースのサンプリングレートの表示とかはIcon HDPには無いので気づかなかったのだけれど、新しいApple TVの光音声出力は48kHzにリサンプルされるという書き込みを2chで見て、確認のためにDR. DAC2をつないでみたら、確かにソースのサンプリングレートに関係なく48kHzで出てますね。

手持ちの音楽ソースのサンプリングレートはすべて44.1kHzなので、再生時に違うサンプリングレートにリサンプルされるのはあまりよろしくない。

古いApple TVの光音声出力は逆にソースに関係なく44.1kHzで出力されます。片付けていたのを引っ張り出してきて、光ケーブルをつなぎ変えながら聞き比べてみると、訓練されていない耳には同じようにも聞こえるんですけど、新Apple TVで再生するとなんとなく薄くベールがかかったようにも聞こえるような・・・。

今まで気づかなかったんだし、どうせ圧縮音源だし、このまま新Apple TVを音楽再生に使い続けようかとも思ったんですが、旧Apple TVも切り替えて使えるように、光デジタルオーディオセレクターを注文しました。まあ新旧Apple TVを同時に使って比べてみるのも面白いでしょう。注文したのもそんなに高くないですが、同じようなものが安いケーブルで有名なmonoprice.comでは$6.34で売ってました。

iTunesの映像コンテンツは、自分の持っているのを見る限り、古いSDソースの音声は44.1kHzだけれど、720pのプログラムの音声は48kHzでした。新しいApple TVはそちらにあわせたんですかね。まあそんなに気にしなければ、音楽を聴くときのリサンプルの影響なんて無視できるでしょうし。

トラベルルーターとして持っているAirport Expressもあったので、初めはそれを音楽再生用にしようかとも思ったんですけど、AirPlayになってからiTunesでの音量調節を無効にできなくなったのがどうも。

それなら最大にしておけばいいのかというと、そのせいなのかなんなのか、レベルが大きいときにノイズが入ったりします。とりあえずちょっと試した感じではAirPlayの音はあまりいい印象ではありませんでした。

旧Apple TVでも、Volume ControlをOFFにしてもiPadのリモートからは調節できてしまいます。でもとりあえずApple TVでは、最大にしておいてもノイズが入ったりはしませんでした。

祝Apple TV日本発売

whatis_gallery_slide120100901

まさかこんなに早く、日本でのiTunesの映像配信と、それにあわせて新Apple TVが発売される日が来るとは。知っていたら今まで待ったのに。まあいいけど。

でもタイミング的には、iPadが話題になって、iPhoneが人気端末の座を謳歌している今は、新しいサービスを紹介するにはこの上ないタイミングなのかも。

メインの売りは映画のレンタルだとは思うけど、テレビでYouTubeのクリップを見たり、写真のスライドショーを見たり、音楽を流しておくのに使ったり、誰でも便利に使えるデバイスだと思う。旧Apple TVはその値段からちょっとハードルが高かったけど、何ができるかを見たら、8,800円ならいいかも、と感じる人はそこそこいるのではないか。

写真のスライドショーでも、iTunesとの連携で音楽を付けるのも簡単だし、転換アニメーションも高品質なのがいくつか用意されてるので、これだけでもかなり楽しめると思う。Flickrの写真も見れるので、自分の写真だけでなくFlickr上の友人知人の写真のスライドショーを楽しむこともできるし。

噂ではAirPlayを可能にするiOS4.2の配信がそろそろあっても良い頃だけど、まだかなあ。

Apple TVのFavoritesメニュー

先のポストでもちょっと触れたのですが、2nd Gen. Apple TVでのPodcastsのFavoritesメニューが、1st Gen. Apple TVのそれから少し変わっています。

  • FavoritesのリストはApple TVにローカルに保管されるのではなく、iTunes Storeの自分のアカウントに保管される。

    Podcastsのメニューの中からFavoritesを選んだときにiTunes Storeにアクセスしているので、たぶんそうでしょう。

  • ポッドキャストのアイコンの右上には未見のエピソード数が表示され、未見のエピソードには青いドットが表示される。

    残面ながらちゃんと機能していませんが・・・。
    エピソードを選んで選択ボタンを長押しすると、そのエピソードを未見、既見にしたり、すべてのエピソードを未見、既見にしたりできます。

  • ポッドキャストの並びを変えることができる。

    Favoritesの画面でポッドキャストを選んで選択ボタンを長押しすると、そのポッドキャストの位置を動かせます。

サーバー側の送出が遅くてストリーミングできないポッドキャストは、やっぱりiTunesでSubscribeしたほうがいいでしょうけど、未見、既見がちゃんと管理機能できるようになれば、Apple TVのFavoritesをポッドキャストを購読するメインのページにすることもできそうです。

気になるのは、これらの機能がiPhone, iPadのiTunes Storeにも将来追加されるだろうか、ということ。
今でもPodcastsのメニューからダウンロードしたり、ストリーミングしたりはできますが、Favoritesみたいな機能がないので、毎回目的のポッドキャストを検索しなくてはならなくて、あまり日常的に使う気になりません。まあiPodアプリのポッドキャストのリストから、iTunes Storeのそのポッドキャストのページに飛べますが・・・。

そんなわけで、今は何日か部屋をあけるときに、聞いているポッドキャストを出先でも聞き続けるために母艦のMacBookも持っていくべきか、少し悩みます。Podcasterみたいなサードパーティーアプリもありますが、iPodアプリとの連携の上でもiTunes Storeが使えればそのほうが良いし・・・。

将来的にはApple TVのFavoritesのようにiTunes Storeのアカウントで購読しているポッドキャストを管理できるようになって、同期にMacBookが必要なくなったらいいのに、と思います。