The patent system isn’t broken – we are 続き

先週はGoogleのMotorola Mobilityの買収に、HPのWeb OSからの撤退と、びっくりする大きなニュースが立て続けだった。先週のThis Is My Next Podcastも、当然Motorola買収をめぐって、JoshとNilayの議論がほとんど言い争いのようになって、そこにPaulがなだめに入るという、まえにも見たパターンが繰り返されてて、面白かった。Reporter’s Roundtableでも、Nilayが呼ばれて特許について話してたし。

Nilayやほかの人のソフトウェア特許を擁護するポストに対して、Timothy Leeという人がソフトウェア特許自体に反対する立場からArs TechnicaForbesに反論を書いていたので、読んでみたんだけど、Nilayがほかの人のソフトウェア特許に関する記事を読んで何故イライラするかがよくわかるというか・・・。反対する理由として、ソフトウェアに関して今のアメリカの特許制度がいかに機能していないか、という例を出されても、どちらも今の制度が機能してるなんて思ってないんだから、なぜソフトウェアが特許の基本的なコンセプトと相いれないかを説明してくれ、と叫びたくなります。

ソフトウェアはただの数式に過ぎない?なら人の心はシナプスで起こる化学反応の集合に過ぎないから同じように扱えばいいかと言われれば、そんなことはない気がするんですけど。(この人は心身二元論者なのかしらん?)

Facebookが最初のSNSではなかったように、最初にアイデアを思い付いた人が特許を使って独占するのではなく、最も優れたサービスを提供した人が成功するべき、というのは一見もっともらしいけれど、特許で独占権を与えることは、ほかの人が同じサービスを提供することを妨げることにはならないのでは?なぜならその発明した人がいなければ、そのサービス自体が存在し得なかったのだから。もしほかの人が独自に同じアイデアにたどり着けたのなら、そのアイデアは明白で、そのアイデアに特許を与えること自体が間違いだと言えるのでは。

ある人が発明したのに、そのアイデアを例えばよりリソースを持つ企業が勝手にコピーして、その果実を横取りしたら、それは正しいこととは思えない。発明した人が実施するのもうまいとは限らないとしても、発明した人が事業を立ち上げて、上手かった時には後発に対してリーズナブルなリードを築くくらいの時間はあげてもいいと思う。もちろん下手な実施者であった時には後発が取って代われるように、発明が陳腐化する前に独占権が切れるよう、特許の期間は進歩のスピードに合わせて調整されないといけないと思うけれど。

現実にはなかなかうまくいかないとは思うけれど、理想に近づくようにどう運用を調整するかが問題で、ソフトウェア特許というアイデア自体に問題があるとは思えないんだけどなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中