MacBook AirとLion

期待通りに、プロセッサがSandy Bridge世代に更新され、プリインストールされるOSもLionになったので、MacBook Airを買った。メインマシンとして使うつもりなので、買ったのは13 inchのほう。

届くまでに、これまで使っていたLate 2007 MacBookもOSをLionにアップデートしたのだけれど、Airが届いて使ってみると、AirとLate 2007 MacBookで、Lionから受ける印象がかなり違う。

まず、タッチパッドからの入力に対するアニメーションの滑らかさが格段に違うので、トラックパッドでの操作の気持ち良さが全然違う。これはどちらかというとLate 2007 MacBookの貧弱なIntel内臓グラフィックスのせいなんでしょうねえ。

あと、Late 2007 MacBookには慣性スクロールもないし、マルチタッチもないからジェスチャーが使えない。ジェスチャーが使えるのと使えないのでは、Mission ControlやLaunchpadの使い方が全く変わってくるし、慣性スクロールに一度慣れてしまうと、離すといきなり止まってしまう以前のスクロールにはもう戻れない感じ。(これはLogitechの慣性マウスホイールユーザーだからかも)

MacBookも出た時点では比較的大きなトラックパッドを持っていたけれど、Airのトラックパッドに慣れると、縦方向の面積が足りなく感じてしまう。(とはいえX100eの意識して強く押し付けないと2本指スクロールを受け付けないトラックパッドに比べれば格段に良いんだけれど)

ユーザーインターフェースのLionで大きく変わった部分を体験するには、マルチタッチ対応のトラックパッドが必須だというのは、これだけ違うと確かにそうかも。

あと東芝製とSamsung製のSSDで速さが違うといわれている件は、自分のはSamsung製でした。体感上は差はないんだろうけど、まあ速いといわれているほうでよかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中