Audirvana

Appleファンとしては音楽再生をWindowsのfoobar2000だけに任せておくのはちょっと悔しいので、MacのAudirvanaも試してみた。音がより濃いというかビビッドな印象で、こちらの方が好み。デザインも悪くないけれど、フロントパネルに加えてインシュレーターまで描いてしまっているところが業を感じるというかなんというか。デザインからすると邪魔なだけなのになんで描いてしまうかな。でもPCとフリーソフト、$500くらいのDACの組み合わせでこれなら、結構な値段のする専用プレーヤーは一体どんな音がするんだろうと思ってしまう。

MacBookの光出力とUSB接続も比べてみたけど、やっぱりUSB接続のほうが好印象。Icon HDPのS/PDIF入力のせいなのか、MacBookの光出力のせいなのかわからないけど。hiFaceとかMusical FidelityのV-LinkとかのDDCで、S/PDIF入力の音がどう変わるか試してみたい。でもIcon HDPは光入力と同軸入力の切り替えはできないし、iPadからのAirPlay用にApple TVからの光出力は使えるようにしておきたいから、光出力のあるV-Linkのほうが都合がいいか。

初代Apple TVやAirport Expressの光出力からの音は、これらfoobarやAudirvanaの音と比べるとなんだか緩いんだけれども、それだけを聴いている分には特に気にならなかったりもする。Remoteによる操作は快適そのものだし、使い勝手も考えると少々の音質ロスには目をつぶってこっちでいいか、と思わなくもない。

光出力の品質の悪さは、デジタル出力なら何かコンディショナーのようなものを入れて改善することもできるのでは、とも思ったけれど、考えてみればそんなもの別に作らなくても受光側に一体にすればいいのか。入力の品質の影響を受けにくいDACとかもあるんだろうか。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中