7notes

PC Watchの記事を見て、 7notesをすぐにダウンロードして試してみた。

手書き入力がこんなに気持ちいいものとは、ちょっと思わなかった。あと、まあそんなに沢山のアプリを試したわけではないけれど、使っていてこんなに興奮を感じたアプリは初めてかも。

これを試すためだけにでも、iPadを買ってもいいくらいだと、小飼さんが書いていたけれど、確かにアリかもと思えてしまう。ドローソフトのためにPogo Sketchを買ったもののほったらかしにしていたんだけれど、いや、買っておいて良かった。

iPadのソフトウェアキボードは十分使えるものの、使っていて楽しいかと言われると、決して楽しくはないので、ソフトウェアキーボードと比べて入力自体は早くはないかもしれないけれど、この手書き入力なら積極的に使いたいと思う。 iPadは滅多に持ち出さずに部屋で使っているので、スタイラスがいるのも問題にならないし。

7notesの手書き認識は、今まで他の手書き入力を試したことのない者にはびっくりするくらい精度が高くて気持ちいい。たとえ誤認識しても、字の上に次候補が表示されてるから修正も簡単。あと漢字を直接入力できるから、文節区切りを修正して変換候補から選ぶ、という作業をあまりしなくても済むのも、快適に感じる理由の一つかなあ。

リクエストがあるとすれば、字と字の区切りを誤認識したときに、それも次候補が出て修正できると良いなあ、ということくらい。今のところはその部分をClearして、書き直して修正しているけれど。

あと、iPadの入力方法はソフトウェアキーボードがメインだけれど(中国語入力で手書き入力もあったんだっけ)手書き入力の入力方法としての競争力は、アルファベットと日本語ではまた少し違うのかもと思った。

アルファベットならばキー入力 1つで1文字入力できるから、手書きで文字を入力するよりもソフトウェアキーボードのキーを1つたたくほうが絶対早そうに思える。でも、日本語はローマ字入力ならば1文字入力するのに大抵キーを2つたたかなければいけないし、キーボードのタッチタイピングではそれはあまりペナルティにならないかもしれないけれど、ソフトウェアキーボード上の指一本入力相手なら、手書き文字でも早さの面でそこそこ競えるようような気がする。

この入力方法の実装がシステムワイドになって、何処でも使えるようになったら・・・、と思うけれど、それまではメモ帳として7notesに一旦書き込んで、コピーペーストで他のアプリに貼り付けて使うことにしますか。

あと手書き文字が手書き文字のままで画像でなく文字として認識されて、編集もできるのも面白そう。まだそっちでは遊べてないけれど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中