Taylor Swift: Speak Now

Taylor Swiftのファンになったのは、いつかのEngadget Podcastで、PaulがTaylor Swiftのファンであることをからかわれていたのがきっかけだったりします。Joshがテレビ出演のときにTaylorも一緒だったから紹介してやったのに、と言うと、Paulは遠くから見ているだけでいいんだ、とかかわいいことを言っていたような。CES2010のソニーイベントのライブブログでは、Taylor Swiftが登場したときにPAUL MILLAR ALART: TAYLOR SWIFT IS HERE. とか書かれてるし。

カントリーポップは好きなジャンルだし、と聴いてみたら、そのえらくかわいい歌詞にはまりました。昔少女マンガにはまった時期もあったし、”When Harry Met Sarry”とかのNora Ephron作品はどれも好きだし、自分の中ではTaylor Swiftが好きなのもそれらと同じ理由ですかね。どの曲もちょっと興味を引くに十分なディテールを含んだ女の子のストーリーをうまくメロディーに載せていて、単純にうまいと思う。

歌唱力がたいしたことないことが理由のネガティブな評価もたまに見かけるけれど、Fresh AirのSpeak Nowのレヴューでも書いてるけど、等身大の歌詞を年齢相応の少し危なっかしい歌声で歌うから良いんであって、あのいかにも女の子な歌詞を、立派な歌声で余裕を持って歌われたら台無しです。だからDixie Chicksのライブアルバムなんかとは違って、Taylor SwiftのiTunes Live from SoHoの録音なんかは明らかに粗が目立つけれど、だから嫌いかといったらそんなことはなくて、親近感がわいてスタジオ録音のものよりもむしろ好きだったり。

いきおいで2/13の大阪城ホールのコンサートチケットも買ってしまったので、がんばって歌詞を覚えなければ。

Thanksgivingの日に放送された米NBCのTaylor Swift Specialは、いろいろ趣向を凝らしたコンサートシーンが面白かったです。国外のIPアドレスはブロックされるみたいだけど、ちゃんとオンラインで見られるようになっていて、エンベッドもできるようになっているのがえらい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中