MacBook Air

overview_hero3_20101020

Apple Storeで新しいMacBook Airを見てきた。

11インチと13インチの選択は難しい。
画面のサイズにタッチパッドやパームレストのサイズ、プロセッサのパフォーマンスにバッテリーの持続時間、11インチはそのサイズのためにいろいろなことを犠牲にしているので、13インチのほうがきっと使っているときの満足感は高いだろうと、理性的な頭は思うんだけれども、11インチの小さい姿はあまりに魅力的で、そんな理性的な判断を忘れて、なんとか11インチの小さな画面でやっていく方法を考え始めてしまう。

まあ、11インチに転ぶのを正当化できるかどうかは、自分がそれを何に使うかによるんだろう。最近遠ざかっているiPhotoやiMovieみたいなソフトをまた頻繁に使おうと思ったら13インチを選んでおいたほうが良いだろうし、そんなのはやっぱりたまにしか使わなくて、こうやってブログのエントリを書いたり、メールを書いたりするのに使うのが多いのなら、魅力に負けて11インチを選んでもそれほど後悔はしないだろうし。

そうやって考えると、同じMacBook Airでも、自分にとって11インチと13インチでは全く性格が違う。13インチはアップル自身が次世代のMacBookと言うように、ある程度オールマイティに使えるメインストリームのノートパソコンだし、11インチはサイズをより小さくすることで、先代Airの非力で拡張性もないけれど薄くて軽い、というコンセプトをより先鋭化させたようなモデルだ。自分は単純にその小ささに意味もなく惹かれるだけで、自分の用途にはあそこまで小さい必要は全くないんだけれど。

今年はすでにいろいろと買いすぎたし、買うとしてもプロセッサがSandy Bridge世代に切り替わって、ついでにOS XがLionになるのも待とうと思うけれど、自分は全くヘビーユーザーではないので、次Macを買い替えるならAirのどちらかだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中