ジーニアスバー

IMG_1004.jpg

昨日MacBookを久しぶりに膝の上で使おうと持ち上げたら、バッテリーが膨らんでいることに気づいた。

MacBookはiPadを購入してから部屋の中で持ち運ぶこともなくなって、外部モニタをつないだ状態でモニタを閉じて置きっぱなしだったので、昨日たまたま気まぐれで持ち上げて底をさわるまで気づかなかった。

検索すると同じような症状は珍しくはないみたいで、また検索結果を見る限りは、Appleの対応は無償で交換に応じる場合と、有償での交換となるケースが混在しているみたいでした。

せっかくなので一度ジーニアスバーなるものを利用してみましょうと、アップルのサイトから予約して、時間を決めたらコメント欄が出てきたので、症状やMacBookのシリアル番号なんかを書いていたんですが、途中でウェブページが勝手にリロードされてフォームが消えた・・・。ウェブページの予約確認ページではコメントを再記入する方法がわからなかったので、iPhoneのアップルストアアプリの予約確認ページでコメントを再記入したんですが、あの時間が経つと勝手にリロードされる仕様は一体何?

それで今日アップルストアに行ってきました。ちょっと前の予約が押していたようで、予約した時間から少し待ちましたが、しばらくして自分の順番が回ってきて、MacBookとその膨らんだバッテリーをジーニアスの人に見せると、バッテリーの不具合ということで無償で交換してくれました。交換バッテリーの在庫もあったので、その場でバッテリーを交換してもらって、帰ってきました。

MacBookはLate 2007モデルで(Nvidiaチップセットに切り替わるまでもう少し待てばよかった、と今となっては思うけれども、後の祭り)アップルケアにも加入していないから保証期間はとうに切れているし、膨らんだバッテリーパックの中で何が起こっているのか、どんな原因で起こるのかもよく知らないので、有償交換と言われれば素直に従うつもりだったんですが、最近初代Nanoのバッテリーの交換対応が問題になったのもあったし、バッテリーの問題については無償で対応するようにしているのかな。

でも何かあったときに、持ち込んで話のできるメーカーの窓口があるというのは、ちょっと遠いとはいえ、いいものだと思います。ジーニアスバーは修理に限らず各種相談にも乗ってくれるみたいだけど、単に相談に行くにはちょっと遠いか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中