Kindle届いた

土曜日の午後には日本に着いているみたいだったので期待はしていたんだけれど、日曜日の午後にはKindleが届いた。発送しましたのメールをもらったのが金曜日の朝だったから、航空便で半日の距離とはいえ、早い。

IMG_0990

届いてから少し使ってみたけれど、表示品質が高いことにちょっと驚いた。仕様を見るとピクセル密度はiPhone 3Gと変わらないのに、フォントの表示を見る限りシャープでピクセルの存在を感じさせない。

フォント以外の部分ではアウトラインがガタガタになっている部分もあるので、きっとフォントデザインがうまくE-inkのディスプレイに合わせてチューニングされているんだと思う。そういえば初代のKindleが出たときに、Sony Readerと比べて優れている部分として、使用しているフォントが挙げられていたっけ。E-inkの表示特性と、白黒表示であることもフォントのシャープな表示に有利に働いているのかな。

iPadをe-Readerとして使うときの一番の弱点はそのiPhone 3Gに比べても低いピクセル密度と、それによるフォントの表示品質の低さなので(とはいってもPCと比べれば、変わらないか、日本語に関して言えばまともなフォントが乗っている分ましだと思うけど)、反射型のディスプレイだから周囲の光の条件に左右されるものの、ちゃんとした条件下なら背景の白は十分白く見えるし、文章の表示はKindleのほうが上質だと思う。iPhone 4にはその弱点はないけれど、やっぱりあの画面サイズは文章を読むにはちょっと小さい。

iPadの最大の利点は、そのタッチスクリーンによるナビゲーションのしやすさと、そのナビゲーションに対する反応の良さで、ずらっと並ぶ記事のヘッドラインをチェックしたり、記事から記事へと興味の赴くままに読み進めていったりするのは、Kindleにはできないこと。でもそのせいでiPadではほかのことに注意をとられるけれど、Kindleでは目の前の文章に集中できる、というのもよく聞く話。

同じタブレットの形をしているけれども、この2つは全く目的の違うデバイスになっていて、その意味では、AmazonのKindleハードウェアの方向付けはうまくいっていると思う。表示品質を優先してタッチスクリーンは与えず、ナビゲーションは4方向ボタンと割り切って、その分値段は下げると。iPadとKindleには今のところそれぞれに居場所があるし、むしろ今はそれぞれを補完することができるのではないだろうか。(もちろん両方買ってしまったからそれを何とか正当化したい、という気持ちも働いてます)
将来になると、iPadがそのネガを毎年新機種でつぶしていくだろうから、どこかでKindleがその存在を正当化できなくなるときがくるかもしれないけど。

本体の質感は値段なりだと思う。初代が出たころの$400の値札でこの質感だったら、iPadと比べてかなりつらいと思うけど、ほぼ1/4の値段なんだから文句はない。4方向のナビゲーションボタンも、ボタン自体は特に使いやすくはないけれど、操作メニューがそこそこ使いやすいので耐えられなくはないし。あとは画面の文章に集中できるのが売りなので、前面のAmazon Kindleのロゴはできれば無かったほうがよかったかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中