なぜソニーはアップルになれなかったのか?

中島聡さんのブログ Life is beautiful で、なぜソニーはアップルになれなかったのか、と言う質問が投げかけられていたので、それについてちょっと考えてみる。

なぜソニーにiPodが作れなかったのかと、なぜソニーにiPhoneが作れなかったのかについては、前者はCDの成功体験に引きずられて、MDだUMDだのといった物理メディアにかまけている間に時代に取り残された、よくある失敗のパターンのように見えるし、後者はOSを手がけないハード屋の限界に見える。

前者は次の切り替わりで気をつければいいけれど、後者はデバイスの機能が増えるほどソフトの重要性は大きくなっていくだろうから、ありもののOSを使わざるを得ないことは、これからより大きな制限となっていく恐れがあると。

もう少し問いを広げて、なぜソニーからiPodやiPhoneのような、新しいジャンルを作り出す製品が最近出ていないのか。eReaderはKindleの前から出していたし、Vaio PもあればRollyもあるので、それまでにない新しい製品が出ていないわけでは決してないと思う。

ただどの商品にも、これはニッチにしかならないだろうな、と思わせる穴があって、そしてそれを塞ぐ努力がされているようにあまり見えないのが見ていて失望する点。単に志が低いからなのか、ニッチの先に一歩踏み出すのを組織が妨げているせいなのかはわからないけれど。

iPodもはじめはMac専用だし高価だしでニッチな商品にすぎなかったのが、Windowsに対応し、miniを出して価格を下げるなど的確に穴を埋めていったからこそ成功したわけで、でもそのような継続的な努力が、ソニーではRollyや他の新ジャンルの製品に対してされているようにあまり見えない。まあどうしたらRollyがマスに対してアピールする製品になり得るかは想像もつきませんが。

中島さんのエントリのコメント欄に、コンテンツホルダにもなってしまったのがまずかったと言う意見がいくつかあるけれど、それについては、今のところハードの商売の足を引っ張る方向にしか働いていないように見えるのは否定しないものの、必ずしもそうである必要はないと思うんですよね。コンテンツホルダであることが悪いんではなくて、コンテンツホルダであることを有利に使えていないことがまずいんだと思うんですけど。アップルでもジョブズがディズニーのボードメンバーな関係で、テレビや映画の配信はディズニー/ABCから始まったし、関係があることは有利にも使えるはずだと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中