AAC256k

昨日時間があったので、CDをApple Losslessで取り込んでみて、同じCDをAAC 256kbpsで取り込んだものと聞き比べてみたのですが、どうも私の耳では聞き分けることはできないようです。

Apple Losslessを最初に聞いたときには、少し違うかも、と思ったのですが、そのあとにAAC256kを聞いてみると、全く同じように聞こえたので、違うはず、という先入観がそのときは違うと感じさせたのか、それともここが違うとは指摘はできないくらいの微妙な違いだったのか。でもApple LosslessとAAC256kを行ったり来たりしていると、もうどっちがどっちかわかりませんでした。

AACやmp3の圧縮の原理を理解して、差があらわれやすいとことに特に注意して聞けば聞き分けられたのかもしれないですけど、せっかく今は知らないので、このままAAC256kで聞いていることにします。もしロスレスで取り込んで聞き分けられる差があったら、またロスレスで取り込み直さないといけないよなあと、少し憂鬱だったのですが、聞き分けられなくてほっとしたような、でも音質が向上しなくて少し残念なような。ただAAC256kで圧縮しても、サイズはApple Losslessの半分にもなっていないので、これから取り込むとしたらロスレスで取り込まない理由はあまりないですか。でもiPhoneのスペースの余裕もあまりないんですよね。

単純に今の再生装置のどれかやスピーカーセッティングが聞き分けるのに役不足だっただけかもしれないので、またセッティングを換えたときには、聞き比べてみましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中