“The Cove”見ました

和歌山県太地町のイルカ猟についてのドキュメンタリー“The Cove”を見ました。

主演のオバリー氏と監督のインタビューなんかをすでに聞いていたので、内容について驚くことはなかったですが(シーシェパードの人がでてきたのはちょっと意外でしたけど。欧米のメディアでも問題児として扱われていることが多いと思っていたので。)、とても興味深く見ました。

イルカに特に思い入れのない身にとっては、殺戮場面との対比のためとわかっていても、海中を泳ぐイルカの美しいシーンはちょっとしつこいかなと感じてしまったけれど、それ以外はだれる部分もなく、状況を説明する前半から、クライマックスの隠しカメラを仕掛けるサスペンスあふれる場面からその隠しカメラの映像まで、一気に魅せます。イルカの屠殺シーンでは、他の動物の屠殺シーンとそんなに変わらないとわかっていても、傷ついたイルカの水面上に突き出た痙攣する尾びれが海面を横切っていく場面なんかは、ちょっと心が痛みました。

あとは、都市の交差点でのラストシーンがちょっと上手いなあと思ったのと(エンドロールのあとのおまけも、シャレが効いていて良いですが。後味の良さに一役買ってると思います。)、これはオバリー氏あっての映画だなあと。
もちろん和歌山県太地町のイルカ猟についての映画なんだけれど、見せ物としてのイルカをポピュラーにした花形調教師から、調教師としての生活を共にしたイルカの死、そしてイルカ解放、保護活動家への180度の転向、というオバリー氏の動機の部分の説得力のある物語があるからこそ、広い範囲の人に受け入れられ得る映画になっていると思います。映画やオバリー氏のメッセージに賛同はしなくても、なぜ彼がそのように感じ、このように行動を起こさなくてはならないと感じているかは、映画を見ているとわかりやすすぎるくらいに理解できます。

逆に映画にでてくる太地町の人を見て怖いなあと思ったのは、コミュニケーションできない、またはコミュニケーションを拒否すると、その相手にはこんな風に見えるんだなあということ。映画での太地の人はかなり不気味です。追い出す口実を撮り逃さないよう(?)にいつも相手にカメラを向けていたり。もちろん映画の演出のせいもあるでしょうが、それにしても。

日本公開時には、太地の人の顔にぼかしが入ったり、太地町や水産庁の意見をふまえた字幕がついたりするらしいですが、それでどれくらいイメージが変わるのか、また公開時に見てみようと思います。

追記 予告編から大活躍だったPrivate Space氏はイルカ猟での役からおろされた、みたいなテロップが最後にでてきましたが、何があったんでしょうか。あと日本語字幕では彼の名前はどう訳すんですかね。私有地さんと訳すべきなのか、それとも英語のままにしておくべきなのか。でも意味が伝わらないと、ネーミングに含まれる少し悲しいおかしみが伝わらないし・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中