iPadとPC(とケータイ)

ヘビーユーザーではない自分にとって、今パソコンを使っていることでiPadで出来ないことはたぶんそんなに多くない。

自分みたいなユーザーにとっては、iPadをメインマシンにすることだってたぶん可能だけれど、iPad自体はiTunesがインストールされた母艦となるパソコンが必要なように出来ている。
その場合の母艦の主な役割は、iPadのバックアップ先であり、iTunes、iPhotoなどメディアライブラリの保存先になる。ネットブックのようにスタンドアロンで機能させる選択肢もあったと思うけれど、それをせずにバックアップとライブラリを保存するサーバーを必ず持つようにさせているのはAppleの親心か。
Daring FireballのJohn Gruberが、iPadこそがAppleが作りたかったもので、iPhoneはサブセットにすぎない、なんて書いているのを読んでいたら、iPadのようなタブレット型のデバイスがインターフェースとして主流になって、今のパソコンはそのデバイスのサーバーとして生き残る、なんていう妄想も頭をよぎったけれど、さて5年後、10年後はどうなっているだろう。

iPadと同じように、今のパソコンの用途に対して、より快適な新しい手段を提供しようとするChrome OSは、パックアップ先はクラウドだろうからその意味でより未来的で、それに比べればAppleの方法は保守的だけれど、クラウドでメディアライブラリを扱うにはまだハードルがありそうだし、今のところは現実的な選択と言えるのかな。

いずれにせよ、60日後に実際にさわるのも楽しみだけれど、このデバイスがこれからどのように進化して、PCの世界を変えていく(または変えていかない)のかを妄想するのはもっと楽しい。

あ、でもここは日本で、コンピューティングデバイスの主流はすでにパソコンからケータイに移っていて、自分の多種多様な情報が、ネットのどこかにある自分のケータイのアカウントに保存されている、なんてのはすでに済んだことなのか。
Real dealでだったか、BOLのTom Merrittが、iPadが一般の人のPC用途の置き換えをターゲットにしていることについて、ここまでかかってやっと一般の人もパソコンが生活に有用であることに大部分納得したのに、実はパソコンなんていらなくてiPadで十分だと説得するのはまた時間がかかるんじゃないの、と言っていたけれど、大部分の用途についてパソコンなんていらないことは、日本ですでに証明されているわけだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中