iPad

機能的には大きくて少し早いiPod Touchなので、マウスやタッチパッドで間接的にカーソルを操作するのでなく、タッチスクリーンに表示されたものを直接触って操作するということに価値を見出せなければ、ネットブックよりも高いけれど、機能は限られているではないか、という評価になってしまう。
でも、もしタッチスクリーンでの操作が、カーソルを間接的に操作する現在のインターフェースから、より直感的なものへ進化する次のステップになるならば、これからのインターフェイスの文法を形作るトライアルの一つとして、興味深いと思う。それを確認するためにも、早くさわってみたい。
個人的には、自分がラップトップを使う用途の大部分はiPadでも出来そうなので、より直感的で楽しい操作のために少しの機能を犠牲にして、ラップトップからiPadに乗り換えるのもありだと思うけれど、イベント後の反応を聞く限り、そう考える人はあまり多くないみたいだ。

iWorkが同時に発表されたのは、教育市場を睨んでのことだろうか。
ハードウェアのデザインは、縦横比といい、握るためにそれなりの太さを持ったベゼルといい、保守的とも言えるデザインだけれども、アプリケーションの見た目は、サファリみたいにクリーンナップされたり、カレンダーみたいに新しくなったり、うれしい驚きがいくつか。
これらは将来Macにも反映されるといいなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中