The Fix Is In

この前のTHIS AMERICAN LIFEは、日本の味の素、協和発酵も関わっていた飼料添加物リジンを巡るカルテルでの内部告発者のお話。

THIS AMERICAN LIFE “The Fix Is In”

番組自体は2000年に製作されたもので、この事件を題材にした映画“The Informant!”のアメリカでの公開に合わせての再放送。
映画はダークコメディ仕立てみたいですが(Fresh Airで監督のSteven Soderberghと主演のMatt Damonのインタビューも最近ありました)、この番組はもう少しシリアスよりで、でもこの内部告発者が最初にFBIにコンタクトしたきっかけが嘘の情報だったり、自身が横領をしていたせいでカルテルについての捜査が暗礁に乗り上げそうになったりと、単純な勇気ある内部告発者の話でなくて、ひねりが利いているのがこの番組らしいです。

番組内では、アメリカ国内でしか活動できないFBIに頼まれてハワイでのミーティングをセッティングしようとする内部告発者に対して、ハワイはアメリカ国内で独占禁止法の取り締まりが厳しいからまずいんじゃないのと、電話で答える日本人のミモトさんの声も聞けます。

下は独占禁止法を扱ったドキュメンタリーでのこの事件を扱った一部分で、3分30秒あたりから、声だけでなくて、この内部告発者が隠し撮りしたミーティングの様子も見られます。顧客は敵で、同業他社は友達だという発言が、とっても分かりやすい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中