実物大ガンダム

Engadgetのエントリで知ったのだけれど、お台場の実物大ガンダムが完成してたんですね。ただGizmodo Japanの記事もいうように、写真を見る限り、実物大のガンダムというよりは、60倍に拡大した1/60ガンプラにしか見えないのがちょっと残念。

あの大きさの半分くらいまでなら、あの面構成のままでもそんなに違和感はないと思うのだけれど、実物大まで拡大すると、面取りの仕方とか、パネル構成とか、違和感がありすぎて、実物大の何かにはちょっと見えない。中に構造があるようには見えないし、その面構成がそのサイズのものとはとても思えない。
逆にいえば、ガンプラの状態ならそれなりにもっともらしく見えているディテールが、実はいかにオーバースケール気味にデフォルメされて入っているかが、これを見てよくわかった。

もしもハリウッドで実写リメイクしたら、実写となじませるためにどんな風にデザインを変更するだろうか。とりあえずスケール感を合わせるために、各部の厚さや断面形状は調整が必要だと思うのだけれど。

どうせガンダムを実物大にするのなら、ターンAなら、ディテールを他から引用せず、未来的な線でデザインが統一されているので、そのまま実物大にしても、少なくともおもちゃには見えなかったんじゃないかと思うんだけどなあ。個人的には、実物大のスモーなんて、オブジェとしてもきれいだろうし、とっても見てみたいのだけれど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中