eneloop

普通に会社への行き帰りをしている分には、iPhoneのバッテリーは一日持つのだけれど、出張の行き帰りの電車の中でいじってたりすると電池の残量が怪しくなってくるので、そんなときにはeneloopのKBC-L2を携帯しておくようにしている。

このまえ、eneloopで電池の補充中にiPhoneをポケットの中に入れていたら、充電が完了していないのにもかかわらず、充電済みのサインが出て充電が止まっていることがあった。
そのときiPhoneは結構温かくなっていて、それがいけなかったらしい。

ポケットから出して電車の窓際に置き、充電を再開したら、正常に満タンまで充電された。普通にUSB出力で充電しているときに、iPhoneが暖かくなっていたことはないように思うので、eneloopからの出力電圧か電流がUSB出力と少し違うんだろうか。
なんにしてもeneloopで充電の際には、iPhoneを涼しい環境に置いておくように、少し注意が必要なようだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中