iPhone

日本に戻って、すぐにiPhoneを買って、使い始めてからもうすぐ半年になる。

前に日本を離れるまでには高機能携帯を持ったこともなく、結局日本のケータイ文化にこれまで触れることがなかったこともあって、独自の仕様も特に気にならず、今のところ不満もなく使っている。
逆に、次々とあらわれる新しいアプリケーションや、本体のソフトウェアのアップデート、対応するウェブサイトなど、成長中のプラットフォームならではの状況の変化が楽しくて、そのどんどん膨らむ用途も含めて、ガジェット好きの自分にとっては、これ一つあれば、しばらく遊ぶネタには困ることはなさそうだ。

これから日本でiPhoneがどれだけの市民権を得られるかは、現在のスタイルのケータイがこれだけ普及したあとでは、その使い慣れたものから変える際の抵抗を考えると、なかなか難しいかもしれないとは思う。
でもiPod Touchが同じプラットフォームを使っているので、そこでこのプラットフォームに親しんだら、ケータイもiPhoneを使ってみるか、という流れはあってもおかしくないかも。そういう意味では、iPod Touchは電話機能のないiPhoneであるというだけでなく、携帯機器のプラットフォームのシェア争いの先兵として、重要な役割を担っているのか。そういえば日本での携帯音楽プレイヤーの各社のシェアはどうなっているんだろう。

追記(4/23)
iPhoneの有利な点として、世界を市場とするために、生産台数が日本市場の大多数の携帯に比べて大きく、ハードのスペックも控えめなのでコスト面で有利、というのもあると思うんだけれど、それが見えてこないのはやはり同じ土俵に乗っていないからなのか。
コストのことをいうならNokiaも有利だったはずなのに、日本市場から撤退してしまっているので、その轍を踏まないためには何が必要なんだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中