iPhone 3.0 event

ハードウェアの発表はなかった・・・。

もしアプリケーションの開発に影響を与えるようなハードウェアの変更があれば(異なる画面サイズとか)、今回発表があるかなと思ったのだけれど、ま、ハードウェアの発表のときにサードパーティアプリケーションがないといけない、ってことはない、ということで、これからに期待することにしよう。

でも、SDKのAPIの追加や、新しい機能の追加で、これまでなぜできない、と不思議だった部分がかなり解消されそうだ。この夏に実際にさわるのが待ち遠しい。

個人的に、これからどのように発展していくのか気になるのが、ハードウェアへのアクセスの機能。
世の中に十分な数が出回れば、情報処理とインターフェースの部分のハードは、独自の開発をせずにiPhoneを使えばいいわけで、それが主流になるシナリオもあるのではないかとか、想像をたくましくするのも楽しい。これからiPhoneとの接続を前提にした、どんなハードウェアが出てくるか楽しみだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中