Apple Keynote 2000 – 2001

2000年が、インターネットバブルの頂点での、ベストインターネットオペレーティングシステムたるOS 9と、AppleのインターネットサービスとしてのiToolに代表されるインターネットの年だったとすれば(翌年の正式版発売開始に向けての、OS Xの顔見せも一年間を通してもう一つのテーマだったけれど)、2001年は、OS Xの正式版がついに発売開始され、バブル崩壊後の対応としてか、インターネットの次の主軸として今につながるデジタルハブ構想が発表された年。
その一部として、今のAppleをある意味代表するiTunesが姿を見せ、そしてアップルストアの店舗展開の開始、秋には初代iPodの発表と、今のAppleの姿が、姿を見せ始めたような感じ。

2000年にはG4 Cubeの発表もあったけれど、2001年にはラインアップの表から消えているのがちょっと悲しい。見た目のデザインとしては、画で見る限り、自分にとっては今でもベストのMacなんだけれど。(実物は残念ながら見た覚えがない)

2001年はバブル崩壊後の年でもあるとともに、9.11の年でもあるのね。日本にいたときはインターネットバブルとその崩壊はそれほど大きなイベントではなかったので、忘れていたよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中