WWDC Keynote

hero_bg20080609.jpg
今回のKeynoteを見ていて、まず噂が意外と正確だったことに少し驚いた。
.macはMobile Meになったし、
Snow Leopardも発表されて、本当に機能を加えるのは一休みして、マルチコアサポートなどの土台の部分に注力するようだし、
iPhone 3GはGPSもサポートしていたし。
信頼できる筋に確認したと書いてある噂については、結構ちゃんとしているんだなあと。

サードパーティーアプリケーションのデモは、App Storeが開いたときのことを自分に期待させるのには十分だった。医療画像のアプリケーションのデモは、デスクトップの同様のアプリケーションを自分が見たことがないからかもしれないけれど、新鮮だったし。

iPhone 3Gのハードの発表では、3Gデータ通信に対応していることは当然として、他にはGPS以外に目立った変更はなかったという印象。アルミ外装から、プラスチックになることで質感の部分がどうなるのかなど、細かい部分もいろいろ気になるけれど、それらは実際に発売されてからのレビューを待つしかないかな。

今回のメインイベントは、世界展開と、$199の価格発表の部分だったと思う。
7月11日のiPhone 3G Launchの22か国の中にJapanが入っていたのにも、Softbankからの発表がつい最近だっただけにちょっと驚いた。

そして価格が下がった代わりにiTunesでのアクティベーションがなくなるらしいというのはちょっと残念。
キャリアがが販売奨励金を出している都合で、確実にアクティベーションを行ってもらわないとキャリアがが困るから、まあ仕方ないんだろうとはいえ、各自がパソコンを通してアクティベーションを行えるというのは、他のものとは少し違うぞという意味で印象的な部分だったのだけれど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中