iMovie’08へのムービーファイルのインポート

前回のエントリーで、Flip VideoのファイルがそのままでiMovieに取り込めると書いたけれど、編集したあとで書き出してみると、ちゃんと書き出してくれないことが判明。MacBookでも試してみると、MacBookでは取り込み時にファイルを認識しなかったので、iMacで取り込み時にファイルを選択できたのは何かの間違いだったようだ。

そんなわけで、iMovieへ取り込むためのファイル形式の探索を再開することになった。

AVCHDをiMovieに取り込む際にはApple Intermediate Codecに変換されるらしいということで、まずはQuickTime ProでApple Intermediate Codecに変換してみる。

ファイルサイズはかなり大きくなるものの、iMovieは取り込んでくれるし、Skimmingも快適。ただ取り込み時にファイルサイズの小さいファイルをなぜか作り、それを編集から書き出しにまで使っているようで、画面にジャギーが目立つ。

イベントフォルダにはソースファイルが取り込む前と同じままで保存されているので、1080iを960×540で取り込む場合のように、小さいファイルに変換してから取り込んでいるわけではないようだけれど、でてくる絵は同じように解像度が半分になったような感じ。おもちゃみたいな外観にもかかわらずそこそこまともな絵がとれるというのがこのカメラの魅力だったのに、これでは出力もおもちゃみたいになってしまうので、この方法は却下。

つぎはDV形式に変換して取り込んでみる。結果はなぜかAICの場合と同じ。取り込んでくれるし、入力と同じ解像度で数字上は出力してくれるけれど、編集時や書き出された絵はジャギーの目立つものになっている。DVがインターレース用のフォーマットだから?

カメラからのインポート機能が対応していて、カメラをつないだときに取り込み画面がでてきたらあとは適切に処理してくれるんだろうけれど、そうでないときには対応してないだけに、iMovieはよくわからない結果を返してくれるようだ。もしかして著作権のある素材の編集に使われる場合を想定して、カメラからでなくてファインダーからの取り込みの場合には、画質を落とすような設定になっているんだろうか。

最終的には、デジカメのムービーファイルのまねをして、コーデックにMotion-JPEGを選択してAVI形式で保存してから取り込むことにした。そうするとiMovieは取り込んだあともそのままの画質でさわらずにおいてくれた。というわけで、いまのところはMPEG Streamclipを使ってそのように変換してから取り込むのが解となりそう。将来のiMovieのアップデートで、H.264やQuickTimeの再生できるファイルであれば、取り込み時に同時に編集用のAICのファイルを生成してくれるようになればいいのだけれど。

追記 (2009/3/31)

このエントリを書いたときは、iMovieがFlipの使っているmpeg-4のコーデックに対応してなくて、読み返しても自分にもよくわからない苦労をしているけれど、その後iMovieがFlipのコーデックにも対応するようになったので、今は何もせずそのままで取り込むことができるようになっている。

Flipのような単機能のビデオカメラはその後一つの製品ジャンルとして確立し、Flipはこのあとも順調に新製品を発表し続け、最近Ciscoに買収された。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中