Flip Video

camera_ultra_orange_open.jpg

Mac Break Weekly、John GruberのThe Talk ShowやDavid PogueのNY Times VideoでとりあげられていたFlip Videoが少し気になる今日この頃。

エアショーなんかのイベントに出かけたときに、コンパクトデジカメのビデオ撮影機能を何度か使い、それをネタにiMovieで遊んだのだけれど、どうも写真よりもビデオの方が自分にとっては面白そうだ。ただいかんせんコンパクトデジカメ、それも少し古いやつでとれる絵はそれなりのものでしかなかったりする。

今は$1000くらいで1080iで撮れるカメラが買えるとてもいい時代なので、そっちに進むという選択肢もあるけれど、いくら小さくなったとはいえそれを持ち出すとなるとそれなりの心構えが必要だろうなというのが躊躇するところ。

このFlip Videoならそういう心配はいらなそうだ。それにビデオカメラを使うシーンが広がる可能性があるという意味では、1080iのカメラよりもこちらの方が技術革新の方向としても面白いかもしれない。あとは、ケータイやデジカメの撮影機能に比べて、専用設計のビデオカメラであることのメリットがどれだけあるかだけれど、それは実際に使ってみないとわからないか。

広告

コメントは受け付けていません。