Too many screws

日経Tech-OnのMacBook Air分解記事について、いくつかブログポストを見かけた。

Life is beautiful

Ars Technica

ネジの数が多すぎるとか、無駄だらけだとかの記事内の意見が、実際に当たっているのか、それともそのような見方しかできないからどれも代わり映えのしないものになってしまうのかはわからなけれど、自分たちの作る物が技術的にもっとよくできたものなのであれば、なぜそれが同程度かそれ以上に話題になっていないのかを考えなければいけないのだろう。

自分がApple製品を買うときにも、造りの良さは決して期待していない。製造がアウトソースされているのを知っているし、今使っているMacBookにしても作りがいいとは決して思わない。でもキーボードのタッチなど肝心なところは外していないし、ただ機能を寄せ集めただけでなく、作り手のビジョンが感じられるところが自分にとってのApple製品の魅力だ。Airの場合でも、自分の興味を引くのはその薄さを実現した技術よりも、ポートを最小限にしぼり、さらにはそれを隠してしまったことにより手に入れたそのたたずまいの方だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中