Blu-Ray

東芝のHD-DVD撤退の発表で、次世代DVD市場はBlu-Rayが独占することが決まった。これでやっと規格分裂のための買い控えから解放されて、Blu-RayのHDソフトを安心して買って楽しめることになったけれども、そんなふうに明るい話題としては自分は受け止なかったし、テクノロジーニュースを聞いていても、そのような面は指摘されるとしても、基本のトーンは苦いままだ。

一つには撤退という敗北のニュースだからというのもあるだろうけれど、もともとBlu-Ray対HD-DVDの争いは、すでに開拓された巨大な市場の金を巡っての争いで、新しい技術で新しい市場を開拓しようとしているわけではないので、テクノロジーの側面で興味を引く点が少ないこともあると思う。もちろんそれを可能とする個々の技術はすごいものだけれども、結局のところ工場で大量生産された物理メディアが流通網に乗り、消費者はそれを小売店に買いに行って、持ち帰って家で消費するというモデルはDVDと全く変わらない訳で。

すでに音楽ソフトの物理メディアでの流通は縮小に向かい、オンデマンドでの配信やダウンロード販売も始まっている中で、小売店にソフトを買いにいく、またはオンラインで買って配達されるのを待つ、というモデルがどれだけ魅力を保つことができるか。もちろんBlu-Rayの容量をオンラインで配信できるようになるにはまだまだ時間はかかるだろうし、高画質を追求するマニアにとってはBlu-Ray以外の選択肢はないだろうけれども。でもひどく圧縮されているためにブロックノイズなんかが乗っているけれど、リビングのテレビ画面で購入してすぐに見ることができるのと、画質は文句なくきれいだけれど、小売店に出向いて買ってこなければならないものを比べたときに、後者を選ぶ層がいったいどれだけいるのか。

光学メディアによる流通はいずれは消え行く技術で、ネットワークでの配信がいつかは主流になるわけで、もしBlu-Rayの普及を待たずにネットワークでの配信が主流となるとすれば、じぶんにとってはそのほうがエキサイティングだ。

それにしても聞こえてくるソニーのイメージはよくない。ソニーは昔はすごかった会社であり、独自の規格を自分の顧客に押し付けて、顧客を困らせる会社だ。さすがにハードウェアの出来の良さは認められているけれども、独善的だとか強欲だとか、そんなことばかりが聞こえてくる。自分にとってもソニーの製品で今興味を引くのはPS3くらいのもので、ほかのものは特に競合他社の中からソニーを選びたいと思うものはない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中