iMovieから次のステップ

iMovieのよいところは、そのあまりの取っ付きやすさから、その使い方を学ぶ段階をすぐに終えた気分になれるところだ。編集ツールの使い方を学ぶよりも、ビデオの編集や演出、ビデオの撮影自体について学ぶことのほうがより重要だ。もちろん必ずしも学ぶ必要はないけれども、トライアンドエラーで学んでいくよりも、先達の使える知識があるのであればそれを使った方がより効率的だろう。

さて今の段階から先に進むには、何をすればよいのか考えてみよう。

iMovie ’08の一番好きなところは、たぶんクリップからワンカットを切り取る動作の選択だ。クリップの上をカーソルを動かして目指す部分を探し、始点を決めたらそこでクリックし、ドラッグしながら終点を探し、終点の部分でクリックを離す。この動作は、文章の一部を切り取るためにこれまで数えきれないほどやってきた動作と同じなので、それをそのまま使えるのはとても自然だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中