iPod Touch

このMacworld Keynoteでの、iPod Touchへの5つのアプリケーションの追加の発表から、また自分の中でのiPod Touch欲しい熱が再燃している。

自分の現在の生活パターンの中に、それを買う必然性も、それの居場所もないことには変わりはないのだけれど、単純にあのタッチインターフェースで遊びたいのと、SDKの発表ももうすぐあるし、プラットフォームが育っていくのを、ある種の当事者として体験したいかも、と思ってしまう。

どうせ少しさわってあとは使わなくなるからと、なんとか理性が今のところ衝動を抑えているけれど、いつまで持つかはわからない。Macworldでも展示機で少し遊んだけれど、メニューアイコンを押したときの画面の動きを見ているだけでも楽しくなってしまう。

広告

コメントは受け付けていません。