Meiryo

仕事で使っているWindows XPマシンで最も不満に思うのは、ビットマップで表示される日本語フォントだ。Clear typeレンダリングを有効にすれば、英文フォントはアンチエイリアスの効いたきれいなフォントで表示されるけれども、日本語サイトや、日本語版ソフトのメニューなどはビットマップのギザギザの文字で表示されていて、ちょっとげんなりしてしまう。

そんなところにニュースサイトで、無料版Visual StudioをインストールするとVistaのシステムフォントであるMeiryoがついてくるという記事を見つけたので、早速眠っていたXPマシンを出してきて試してみた。(リテール版のVistaは持っていたので、そこからフォントをコピーしていれるという方法もあったらしい。フォントの追加なんてしたことがなかったので知らなかったけれど、ただフォルダに放り込むだけなのね。ライセンス的にOKかどうかは怪しいようだけれど。)

Visual Studioのインストールが終わると確かにMeiryoが追加されていて、それをブラウザーのフォントや、ウィンドウのフォントの設定できるところに設定してみた。レジストリをいじらないと変更できない部分もあるようだけれども、自信がないのでそこまではしなかった。

フォントを変更した結果はそこそこいい感じだと思う。メニューの文字のギザギザが目立たなくなってすっきりしたし、心なしか画面が若返ったように見える。何より単色背景にビットマップフォントなら別に気にならないけれど、最近のグラフィック的にリッチなウェブページにあのギザギザフォントはかなり違和感があったので、それが解消できるだけでも価値はあると思う。

ただ、このMeiryoというフォントはすこしポップな感じでくせがあって、少し場所を選ぶような気がする。ウェブページによっては合わない場合もあるかもしれないし、気分によっては気にさわることもあるかも。あとフォントとしてのチューニングの品質がもう一つ、というような話も読んだけれど。

そういえばWindows版Safariのデフォルトフォントは何なんだろうか。みたところMacでのデフォルトであるヒラギノと同じように見える。レンダリングをSafariは独自の方法で行っているというのは聞いたことがあるけれども、フォントも独自のフォントセットを持っているんだろうか。

広告

コメントは受け付けていません。