Shure SE210

Shure – SE210 Sound Isolating Earphones

E2Cのコネクタ部が断線の兆候を見せ始めたので、新しいのを買ってしまいました。工学部出身ならそれくらい直せって感じですが。またそのうちトライしてみましょう。

ドライバ形式も違いますから比較してどうこういうのもまあ何なんですが、SE210はE2Cに比べるとかなり小さくなって、着け心地はかなり楽になりました。E2Cは、あの大きさのものがうまい具合に収まる具合はおもしろいといえばおもしろかったですが、自分にとっては許せる範囲ではあったもののほぼ限界に近い大きさだったので。あとSE210のイヤーピースものはラバーも薄く柔らかく、フォームのものも整形された形状になって入れる前に潰す必要もなくなったので、装着もらくちんです。E2Cのは、クリアのごついラバーのものと、潰してからでないとはまらないフォームのものだけだったので、装着するのは一仕事だったので。

Video iPodとの組み合わせでは気にならないんですが、2nd gen Shuffleとの組み合わせではやはりノイズが聞こえてきます。ただultimate earsの場合と違い、何か音が鳴っていれば気にならなくなるので、まあ許せる範囲でしょうか。音はE2Cと比べるとお値段の高い分、一段クリアになって落ち着いた音になった気がします。

マニュアルにケーブルを上側に引き出す装着方法と、下向けに引き出して装着する方法があったので両方試してみたんですが、装着方法で音の定位する位置が変わるんですね。自分の場合は上に引き出すと後頭部の方に定位して、下に引き出すと真ん中あたりに定位しました。装着方法でユニットの位置や向きが変わるからだと思うんですが、密閉型のイヤフォンとは行っても、イヤフォンからの音を直接聞いているわけではないんだなあと、改めて感じたというか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中