iTunes Session – Kelly Clarkson

知らないうちにKelly ClarksoniTunes Sessionなるものがインタビュー付きでリリースされてました。

スタジオアルバムはポップスなだけにいろいろと加工が入っていて、Kellyの声が聞きたい自分にとってはそれが不満だったんですけど、そんな自分にとってこのiTunes Sessionsは、待ってましたというか、これが聞きたかったというか、最高です。

次は、日本に来てくれとまでは望まないから、ツアーのライブ音源を、ぜひ。

広告

Crash at Reno Air Races

今朝は起きてからReno Air RacesのLive Videoを流していました。

Unlimited Goldの機体が離陸する途中から音声がなくなって、でもレースが始まってStregaやRare Bearがパイロンを回るのをちらちら見ていたら、いつの間にか映像がグランドスタンドを映していて、なんでだろうと思っていると、横たわっている人や停まっている消防車が目に入って、やっと1機近くに墜落したらしいことに気がつきました。

墜落したのが去年登場してその特徴的な冷却システムで注目を集め、下位のクラスから日曜日にはGoldまで勝ち上がることでその能力の片鱗を見せた(日曜日のGoldは天候のためキャンセルになってしまったけど)Galloping Ghostだというのも悲しい。これが初めてのGoldでのレースで、Goldでは一度もフィニッシュラインを越えることなく散ってしまったことになるのか。

LPS-2U-96K到着

IMG_1301

D/Dコンバーター部が192kに対応するLPS-2U-192Kが出るのを待つつもりだったんですけど、一向に出る気配もないので、待ちきれずにLPS-2U-96Kを買ってしまった。

というわけで、今のセッティングはこんな感じ。

付属品のACアダプタ2個の場合とLPS-2U-96Kを使った場合で一応聞き比べてもみたけれど、LPS-2U-96Kを使うことで再生品質は1段階上がった気はするので、とりあえずは良かった。見た目もすっきりするし。D/Dコンバーター部も試してみたけれど、それはV-LINKを置き換えようか、という気にはならなかった。

しばらくはこのセッティングで落ち着くかな。

“F-16 pilot was ready to give her life on Sept. 11”

9/11から10年ということであちこちで特集記事が組まれているけれど、Daring FireballのリンクにあったWashington Postの記事は、Washington D.C.に向かっていた4機目のハイジャックされた機体、UA 93便を迎撃するために武装なしのF-16で飛び立った女性パイロットの話。

その女性パイロットのプロファイルに、父親もジェットのパイロットで、今もジェットでレースをしているとあったので、エアレースのパイロットで、娘もF-16のパイロットというのはどこかで聞いたことがあると思ったら、Rare BearのJohn Penneyの娘さんのHeather Penneyさんではないですか。

そういえば来週はもうReno Air Raceですね。今年のレースはどんなのになるんだろう。楽しみです。

防水Bluetoothワイヤレススピーカー

浴室でPodcastを聞くのに良いスピーカーは何かないかと探していたら、LogitecのLBT-SBWP100という防水Bluetoothワイヤレススピーカーを見つけたので買ってみた。Bluetoothスピーカーはこれが初めてなんだけれども、使ってみるとこれが意外と便利。

一度ペアリングをしてしまえば、スピーカーの電源を入れると起動音が鳴り終わるころにはiPhoneの音声出力がスピーカーに切り替わる。イヤホンのリモート同様、スピーカー側で再生・停止、音量の上下、曲のスキップもできるのはBluetoothスピーカーのいいところ。(スピーカーホンでの通話もできます。自分には用はないけど。)

音質は、スピーカーの見た目通り、音量を上げるとすぐに音が割れる安っぽい音だけれど、反響のひどい風呂場でトークを聞くんだから、音質が良くても宝の持ち腐れなので問題なし。同じ理由でBluetoothのビットレートの低さも問題にならないし。でも初めて風呂場で鳴らした時には、反響がひどくて使い物になるか不安になったけれど、耳の適応能力はすごいですね。しばらくすると反響音がフィルタリングされて、聞こえなくなります。サイズが小さいので、置き場所や置き方を変えて音が変わるのをみるのも楽しい。

その小さくて軽いサイズのせいで、部屋で聞くときに、これまでイヤホンを耳に突っ込んでいたような場合でも、このスピーカーを手元において聞くことが多くなりそう。

しかしマウスのLogitechと、このLogitecが全く別の会社だというのはややこしい。別にいいけど。

The Talk Show #56: That Day Has Come

Steve JobsのCEO退任は、This is my next Podcastのほかにも、いくつものPodcastで取り上げられていた。(Reporters’ Roundtable, Macworld, KQED Forum, The Talk Show等)

Reporters’ Roundtableはさすがジャーナリストによる会話らしく、AppleとSteve Jobsに関する細かいエピソードが面白かったけれど、やっぱりJohn GruberのThe Talk Showが一番良かったかなあ。

AppleというよりもJobs個人により焦点を当てた話だったのと、1対1のよりパーソナルなスタイルがこの少し寂しい話題には良かったのかな。もちろんJohn Gruberの確かな視点があってこそだけれども。

 

This is my next Podcast 021

Steve JobsがCEOから退き、Chairmanとなるニュースをうけて、今週のThis is my next Podcastは1日早い収録。それにしてもこの8月はTech関連の大きいニュースが続きます。

ポッドキャストは、Pirates of Silicon Valleyの続編のプロットとか、Tim Cookのインプレッションとか、激しく脱線し始める後半が楽しいです。

脱線し始める前に、JobsがAppleからいなくなったとき、JobsによるビジョンがなくなったときにAppleがどうなるかに、Joshがひたすらこだわっていたけれど、それがたぶん誰にとっても一番知りたい部分なんでしょう。

ハイエンドで進歩的な製品を作るメーカーとしてのAppleは当分変わらないでしょうけど、Jobs個人のビジョンがなくなったあとでも、現在のフォーカスが保ち続けられるのかどうか。JobsのあとにAppleの顔として前に出てくるのは誰なのかなども含め、これからも追いかけていく中で見届けていくしかなさそうです。